借金のこと

借金のこと

「返しても、返しても借金が減らない…」

私たち司法書士は、利息制限法に基づき残債務額を確定したうえで、借金で苦しむ方々の生活再建に最も適した解決方法をアドバイスし、任意整理、民事再生、自己破産、特定調停などの債務整理手続きを支援します。

また、貸金業者に利息制限法の上限利率を超えて利息を支払っていた場合、その払い過ぎた利息を取り戻す手続きについてもお手伝いします。

 

こんな場合はぜひご相談ください

消費者金融業者やクレジット会社の借金を整理したい

払い過ぎた利息を取り戻したい

住宅ローン以外の借金の返済額を減額したい

借金をゼロにして再出発したい

任意整理

消費者金融業者やクレジット会社の借金を整理したい

借金がふくらんでこのままでは生活が困窮してしまう。このような場合の債務整理の方法のひとつとして「任意整理」があります。「任意整理」は裁判所を利用せず、消費者金融業者やクレジット会社と直接交渉し、債務の額や返済方法について和解する手続きです。司法書士があなたに代わって和解交渉を行います。

詳細については、お気軽に司法書士にお問い合わせ下さい。

例えばこんなとき

  • 借金の支払いが苦しくなってきた
  • 借金の取り立てをすぐにでも止めたい
  • 貸金業者が取引履歴を開示してくれない

過払金返還請求

払い過ぎた利息を取り戻したい

利息を制限する法律が過去には複数あり、その利率の差により長期にわたり返済していた債務者の多くは、貸金業者に返済しすぎる場合がありました。これは、債務者が消費者金融やクレジット会社等の貸金業者から利息制限法の利率を超える利息で借入れをしている場合に、利息制限法に基づいて引直計算すると判明する、本来であれば支払う義務のないお金のことをいいます。

このような返還義務がないにもかかわらず返還してしまったお金を取り戻す場合に、司法書士をご利用下さい。

例えばこんなとき

  • 借金を返済中で、もし取り戻せるお金があれば取り返したい
  • 借金は全額返済したが、もし取り返せるお金があれば取り返したい
  • いわゆるグレーゾーン金利ではなく正当な金利で引き直し計算して欲しい
  • 貸金業者が取引履歴を開示してくれない

民事再生

住宅ローン以外の借金の返済額を減額したい

せっかく手に入れたマイホームを手放すことなく、住宅ローン以外の借金を整理したい人には「民事再生(小規模個人再生)」という債務整理手続きがあります。これは、裁判所の監督の下、再生計画案に基づき、住宅ローン以外の借金の総額の5分の1または100万円のいずれか多い額を通常3年間で返済していくという手続きです。

この手続きについても司法書士が相談・お手伝いが出来ます。まずはお早めに司法書士にご相談下さい。

例えばこんなとき

  • 借金返済を何とか続けながら、マイホームだけは失いたくない
  • 借金は多いが、いくらかのまとまった収入はある
  • 民事再生について知りたい

自己破産

借金をゼロにして再出発したい

リストラや病気を患って会社を退職したなどで、収入が激減し月々の返済が非常に困難となった場合に、現在保有している自身の財産全てを借金の返済に当てても返済できる見込みがないときに利用する債務整理の方法です。

借金が免責(ゼロ)されますと今までの借金は返済しなくて済みます。ただし、借入内容によっては免責されない場合もあります。

債務整理について、私たち司法書士が最善のメニューを提案します。ぜひ一日でも早く司法書士にご相談下さい。

例えばこんなとき

  • 借金はもういくらも払うことができない
  • 借金返済の毎日から一日でも早く解放されたい
  • 破産について知りたい